行政書士

行政書士って何する人
行政書士法に基づく国家資格者です。企業や個人に代わって、役所に提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類、契約書などを作成します。 また、書類の提出手続代理や相談業務も行うなど、幅広い業務にも対応しています。
近年、社会生活の複雑高度化に伴い、書類作成に高度の知識を要するものが増えてきました。そのような社会の動きに呼応するように、従来の「書類作成を行う代書的業務」から、「より高い専門性を持ちながらコンサルティングを含む許認可手続の業務」へ行政書士の業務も変わりつつあります。今や行政書士は、コンサルタントとしての役割も期待されています。

 

行政書士が扱う業務の一例

 

幣事務所専門サイトもございますので画像をクリックし訪問していただけたら幸いです。

 

 

 

運送業許可

トラックで運送業を始めるには、国土交通大臣の許可が必要になります。許可の要件は、人、物、立地、金等の要件を満たす必要があります。

,貨物自動車運送業許可,行政書士
詳細はこちらから

建設業許可

500万円以上の工事を請負うときは、建設業の許可が必要になります。経営業務の管理責任者、専任技術者、財産的基礎等の要件を満たす必要があります。

建設業許可詳細はこちらから

 

産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物運搬を請負ときは、管轄する都道府県知事の許可を受ける必要があります。許可の要件は、人、施設、経営的基礎の要件を満たす必要があります。

産業廃棄物収集運搬業許可,行政書士詳細はこちらから

古物商許可

古物を売買をするときは、許可が必要です。ネットオークションに自分の物を出品する場合は不要ですが、他人の物を買い取って出品する場合は必要です。

古物商許可,行政書士詳細はこちらから

 

飲食・風営法許可

喫茶店やバー等の商売がしたいときは、飲食店営業許可が必要になります。バーなどは風営法による許可や届出が必要になり併せて取得する必要があります。

飲食業,風俗営業許可,行政書士詳細はこちらから

車庫証明・名義変更代行

車を買ったとき、住所を変更したときは、管轄する警察に車庫証明を取り、陸運局で登録手続きを15日以内に行わなければいけません。

車庫証明,名義変更,行政書士詳細はこちらから

 

農地転用

農地に駐車場や家を建てるときは、農地法4条又は5条の届出若しくは許可を受けなければいけません。農地は、登記上の地目ではなく、現況で判断されます。

農地転用詳細はこちらから>

相続手続き

相続が開始したら相続財産・相続人の確定、遺言のない場合は、遺産分割協議書作成による遺産分割。その後の金融機関や車などの名義変更が必要です。

,相続,遺産分割協議書,行政書士