休眠口座について

10年以上取引のない口座残高は1,200億円

休眠口座

10年以上取り引きのない口座残高は、毎年1,200億円発生しているそうです。

 

子供の頃に親が作った口座や、前職の時に作った口座などが多い様です。

 

2018年1月より休眠預金等活用法(正式名称「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」)」が施行され、最終異動日が2009年1月1日以降、最後の異動10年間経過している口座は休眠口座とみなされることになりました。
休眠口座とみなされると、預金保管機構に移管され、NPO法人など民間の様々な団体が行う公益活動に活用されます。具体的には、法律により、公益に資する活動として、子ども若者支援、生活困難者支援、地域活性化等支援の3分野に活用することとされています。

 

休眠預金の対象になるのは、銀行の普通預金や定期預金をはじめ、郵便局(ゆうちょ銀行)の通常貯金や定期貯金、定額貯金、信用金庫の普通預金や定期積金などが該当します。外貨預金や仕組預金、財形貯蓄などは対象外です。

 

また、最後の取り引きから9年が経過すると各金融機関のウェブサイトで公告が行われ、残高が1万円以上の場合は口座名義人の住所に通知されますが、連絡が取れない場合や、1万円未満の場合は移管されることになります。

 

なお、休眠口座となった後でも必要書類を揃えて手続きすれば引き出すことは可能です。

 

相続の場面でも財産確定はととも大変な作業になります。
高齢者の一人世帯が増えており、早めの整理とエンディングノート等を残すことは大切なことだと思います。