法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度

相続時の名義変更を行う際に必要となる書類に登記簿謄本等があります。
原本は返してもらえるケースがほとんどですが、全てコピーを取ったりしなけらばいけないなどの手間がかかります。
そこで、法務局が行っている法定相続情報証明制度を利用することで、「法定相続情報一覧図」の写しが交付してもらえるので手間が省けます。
平成29年5月29日から実施されている制度なのでまだ新しい制度ですね。

 

申請が出来る法務局は以下の通りです。

 

① 被相続人の本籍地
② 被相続人の最後の住所地
③ 申出人の住所地
④ 被相続人名義の不動産の所在地

 

申出や一覧図の写しの交付は,郵送によることが可能なので大変便利な制度です。
そして、なんとこの制度は,無料でご利用出来ます。(保管期間も5年で再発行も可能です。)

 

詳しくは、法務局HPでご確認下さい。

 

 

さて、相続の際に必要となる被相続人(亡くなられた方)の戸籍は、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要です。
戸籍は、本籍地の市町村に請求しますが、県外での結婚など1箇所で取得できない場合もあります。
その際には、郵送等で入手することになりますが、手数料は少額為替で支払う市町村が多くあります。
請求する市町村等のHPでご確認下さい。

 

また、戸籍は改正により様式が異なっており、現在取得で出来る戸籍は5種類です。
昔は、家単位での戸主を中心に親族が1つの戸籍に掲載されています。

 

明治19年式
明治31年式
大正4年式
昭和23年式
平成6年式

 

現行の戸籍は、電子化され全部事項証明書(戸籍謄本)、個人事項証明書(戸籍抄本)と呼ばれています。

 

因みに、これが明治31年式の戸籍

 

なお、これらの書類は行政書士は代理取得から、冒頭の法定相続情報証明制度の代理申請も出来ます。
お困りの際には、ご相談下さい。