相続総則

相続総則

相続民法

相続は、民法の相続の編に定められています。
本日のご紹介は相続法の総則についての解説です。

 

相続とは、特定の個人の死亡により、その者の権利義務が、その者と身分関係を有する法定の相続人に包括的に承継されることをいいます。

 

相続開始の原因には、人の死亡だけでなく、失踪宣言も含みます。
相続開始の時期は、被相続人が死亡した瞬間に当然に開始し、相続人が知っていたか否かを問いません。

 

人の死亡は、その事実が発生した時ですが、失踪宣告には、普通失踪と船舶や飛行機事故による特別失踪があります。
普通失踪は、7年間の失踪期間の満了の時、特別失踪は危難が去ったときに死亡したものとみなされます。

 

同時死亡に場合は、相続開始時に生存していなければならないを原則としており、同時死亡の場合はこれらの者の間では相続は開始sません。
その場合、代襲相続が発生することになります。

 

相続開始の場所は、被相続人の住所で発生します。

 

相続回復請求権は、相続人又は法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効よって消滅し、相続開始の時から20年を経過した時も同様です。

 

 

なお、相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁しますが、相続人の過失があった場合はこの限りではありません。