電子申請代行

行政書士電子証明

現在、行政のデジタル化が進められており、その一環として様々な手続きの押印が廃止されています。
今後、行政手続きの電子化は早いスピードで進化して行くと思われます。
そこで必要になるのが個人証明です。

 

一般の方は、マイナンバーカードが必要となると思いますが、現在、取得促進がされ、直近では50%の取得率になっています。

 

また、業として行う行政書士も電子化に対応する必要があり、行政書士の身分を証明するための行政書士電子証明があります。
ただ、現時点では、定款の電子認証や自動車登録OSS等の限られた分野のため、行政書士の取得率は10%を少し上回る程度です。

 

当事務所では、行政の電子化の拡大に備え電子証明の取得をしております。
電子申請には、電子証明以外にパソコン、カードリーダー、署名用ソフトなど必要となる場合があります。
1度限りの申請などは、費用面などで、ご依頼されたほうが良いケースもあります。

 

最後に、行政書士もデジタル化に対応出来ないと厳しい状況になりそうです。